屋上防水の手順を確認~ウレタン防水の工期の目安とは~

万能なウレタン防水塗料で屋上を修繕 万能なウレタン防水塗料で屋上を修繕

ウレタン防水を実施する際の流れ

雨漏り修理などを取り扱っている業者に連絡を行なえば、すぐに屋上防水を実施することができます。ここでは業者が実施してくれる防水工事の流れをわかりやすく説明します。一戸建て住宅の屋上防水工事では、1週間程度が工期目安となります。

屋上に防水工事を実施する際の手順

屋上に存在する汚れやゴミをきれいに取り除く

ウレタン防水を施す前に、屋上の汚れやゴミを取り除く必要があります。普通の掃除方法ではきれいに汚れが取り除けないため、高圧洗浄機を使用して汚れを除去します。高圧洗浄機は誤って使用すると、屋上の下地にダメージを与える恐れがあるのでプロに依頼するようにしましょう。

防水層を密着させるために接着剤を塗り、通気緩衝シートを設置

掃除が完了したら下地処理に移ります。古い塗料を取り除き、ケレンで屋上を平坦にします。その後、下地と塗料の密着性を高める接着剤(プライマー)を塗布し、強度を高めるための通気緩衝シートを張り下地調整は完了です。

2回に分けてウレタン塗料を塗る

下地調整が済んだら、いよいよウレタン塗料を塗ります。ウレタン防水の場合は、2回に分けて防水層を施工します。そのため塗装には2日間程度の日数がかかる作業となります。天候次第ではさらに作業時間が変動する可能性も考慮しておきましょう。

トップコートを塗布して作業完了

重ね塗りが終わったトップコートを塗布します。塗りたてのウレタン塗料は柔らかく跡がつきやすいため、作業員も素足で身長に作業を行なうことが多いです。トップコートは塗料の耐久性を高めるだけではなく、見栄えもきれいになります。トップコートが乾燥したら屋上防水工事は完了です。

業者によっては手順が異なることも

ウレタン塗料を使って屋上防水を行なう際は、こういった手順で施工を進めるのが一般的です。しかし、施工を行なう業者によっては、施工の手順が若干異なることもあります。防水工事を依頼する際は、工事スケジュールの進行をしっかり確認するようにしましょう。

TOPボタン